首輪作りのきっかけは親バカ精神から

        
             

JUGEMテーマ:ねこのいる暮らし

 これまでに作った首輪を紹介する「首輪マラソン」 取り敢えず、順調に3回終えました。

個別の紹介を今日はお休みして 首輪を作り始めた経緯を書かせて頂こうと思います。

 

 

・・もれなく今日も長文です。。首輪を語らせると長いのデス。

 

 

 

 

 

 

 

 

猫と暮らすのはジュジュが始めてで 可愛い首輪を着けてあげたいなと思ったんです。

それでなんとなくペットグッズを売ってる所に出向きましたが、可愛いと思える物がなかった。

しかもそういう場所は犬のモノが主流で 猫グッズはほんの少しだけ・・という感じでした。

 

今は売り場も当時(2007年)と多少違ってるでしょうし

素敵なネットショップが沢山出来たので 事情も随分変わったと思いますが。。

 

 

そういうワケで「ないのなら作ってしまえホトトギス」と

裁縫なんて家庭科でしかやったこともなく 出される課題すら

わざと下手に母親に仕上げて貰うという 姑息な過去を持つ私が

ジュジュに似合う首輪を着けたいという ただそれだけで首輪作りをスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はチロリアンテープに留め具を取り付けたモノでした。 何故なら端の処理が必要ないからです。

上のチロリアン首輪は当時気に入ってたもの。 これ、今はちゃんと縫って使ってます。

 

 

ミシンも使わず、それっぽく仕上がるのが嬉しくて 量産致しました・・。

着ける首は一つしかないというのに(笑)

 

その内、これ可愛い生地で作れたらもっと楽しいことに なるんじゃないかと思って

裁縫マスターである母親にミシンの使い方から教えて貰い まずはまっすぐ縫うことから始めました。

 

最初はそれすら上手くいきませんでしたね〜。

キスキスの首輪幅は12ミリなのですがキワを縫えなかったり 縫い目がヨタヨタしたり。

物が小さく細いので そういうのが目立つんです。

数をこなしてる内に慣れてきましたが 今でも裏地と縫い合わせる時は軽く緊張します。

殆ど、息を止めて端から端まで行っちゃいます。

綺麗に生地のキワを縫えるとホッとします。

 

そんな風に出来た首輪をブログにアップしている内に 「首輪作って」とか

「ショップやってみたら」とか ありがたいお言葉に後押しされて

キスキスコーシュカをスタート致しました。

 

 

それから今までに紆余曲折ありましたが 発端はジュジュに手作りの可愛い首輪を作りたい

きっと似合うハズという単純な親バカ精神からです。

同じように「うちのコに似合うハズ」と お買い上げ下さる親バカなお客さまが

少しずつでも 増えて下されば良いなと。。 「うちの子可愛い〜」「見てみて〜」と

猫バカ&親バカ精神で盛り上がりたいのです。

 

少なくとも今はそういう気持ちで作っています。

長くなったけど作り始めた経緯、ちゃんと書けたかな。

 

 

又、使用している材料や生地選びの(私なりの)ポイントなど 書いていけたらいいなと思っています。

 

 

キスキスコーシュカのチバンビーナでした。

 

 


猫の安全首輪 70年代を気取るレトロ柄

        
             

JUGEMテーマ:ねこのいる暮らし

 

おはようございます。

キスキスコーシュカのチバンビーナです。

 

 

 突如思いついた「首輪紹介マラソン」

キスキスメイドな首輪を紹介していくこの企画(?) 本日は第3回目でございます。

 

 

飽きたりしておりませんか? 合間にちょこちょこ違う記事も挟んでまいりますので

長くユルい目で見て下さると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一回、第二回と比較的初期の首輪を 紹介してまいりましたが

この「レトロピンク」も かなり初期の首輪です。

 

 

ショップのコンセプトに「レトロ、ポップ、ガーリー」という 言葉を

盛り込んでいただけあって 好きなんですね、そういうテイスト。

 

 

初期の「レトロ3部作」(・・壮大だな、おい。。)に

この「レトロピンク」「レトロポップ」「レトロセンチュリー」 と名づけた首輪がございます。

 

 

のちのち紹介してまいりますが、作り始めた当初は

ことさらにレトロっぽい雰囲気を感じるものが好きでした。

 

 

 

そんなレトロシリーズの中でもちょっと異色の存在。

何柄と言って良いのか・・ あえて言うなら幾何学模様・・?

あえて遠ざかった気もするモンドリアン柄・・? う〜ん・・上手く言えないですが

70年代初期 こぞって未来に憧れた時代を彷彿とさせるデザインだと 個人的には思っています。

 

 

 

当時の家電とか照明とか、デザイン的に変に凝ってたり

それ宇宙人〜〜ンンン!!って突っ込みたくなるもの 多かったですよね?

・・・私だけですかね?

 

 

つまりは意味が判らないけど、なんか近未来っぽいよね?

わざと迷宮に迷い込ませてるよねっていう。

そんな感じで気持ちだけは70年代をひっさげております。

 

 

レトロでおもちゃっぽくて突き抜けたデザインが豊富だった 70年代好きな方は

一家に一つ ぜひ常備して頂きたいな〜と思う首輪です。

 

 

この首輪、ジュジュに着けて写真を撮りたかったのですが

どうしてもポーズを取って貰えなかったので 今日は着用写真はなしです。。

 

 

後日、撮れたら載せたいと思います。

 

 


猫の安全首輪 小さな水玉がスパークしてます

        
             

JUGEMテーマ:ねこのいる暮らし

 

おはようございます。

キスキスコーシュカのチバンビーナです。

 

 

一昨日の記事で書いた通り 今までに作った首輪を紹介していくこの企画(?)

本日は第二回目でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

第一回目だった「ブルーチェリー」の時のように その生地を手に入れた経緯や

首輪作りで思う事、 使用しているパーツのお話・・

などなど 製作裏話(大げさですが)も一緒にお伝えしていければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

この生地はネットではなく、実店舗で購入致しました。

何を探してたかは覚えてないんですが 、首輪用の生地を探していたワケでなかったのは確かです。

 

 

反物状態でダダ〜〜っと生地が並んでる中で 「あっ、見つけた!」と思ったんです。

なんだか生地が浮き上がって見えるというか 探してないのに目に留まるというか。。

う〜ん・・余り上手く言葉に出来ないのが残念ですが。

 

 

これは私だけの感覚ですかね?

何かモノづくりをされる方々には多少の違いはあれど

その素材自体が浮き上がって目に留まる感覚ってあると思ってるのですが。

 

 

そういうワケでこの生地は、違う思惑で生地屋に出向いたけれど

思わぬ収穫で出会った そして迷うことなく首輪にしようと思った生地なのです。

 

 

デザイン的には、色とりどりの小さな水玉が 規則的に並んでいるだけなんですが。

配色の妙でしょうか、目を近づけたり遠ざけたりしてると 山アリ谷アリのジグザグだったり

「く」の字の矢印っぽかったりと 色んな柄があるように見えてくる不思議な柄です。

 

 

小さな水玉を並べただけ・・それだけなのに きらめくネオンのような

花火のような きらびやかな首輪です。

 

ただ見てるだけより実際に装着した方が柄の良さを断然発揮します。

 

 

 

 

 

 

 

・・結構、自己主張してますでしょ?

金具もゴールドを使用して首元を明るくしています。

 

 

写真を撮る為にルークに初めてこの首輪を着けてみたんですが ・・

合うわ〜〜可愛いわ〜〜♪

 

単色ロシアンのジュジュとは違い キジトラ模様は多少着ける首輪を選ぶだろうと思ってたんですが

イケましたね、ノープロブレム、ばっちりでした。

 

 

首輪、楽しいなやっぱり。。

 


 

 


猫の安全首輪 キュートなフルーツ柄をお探しの方

        
             

JUGEMテーマ:ねこのいる暮らし

おはようございます。

キスキスコーシュカのチバンビーナです。

 

 

昨日の記事で宣言した通り 今日から一つずつ、これまでに作った首輪をご紹介してまいります。

記念すべき(?)第一回目は、その余りの可愛さに

ネットで初めて注文した生地で作ったさくらんぼ柄です。

 

 

 

 

 

 

基本、生地は売り場に出向いて実際に手に取って確認して

購入したいタイプなのですがたまにそれが出来ないことがあります。

 

 

ネットの生地屋さんが独自に仕入れていたり 広く流通していなかったりする場合です。

そういう生地の場合、ある意味争奪戦になりますから

当時ネットで生地を買う・・ということが余りピンとこなかった私でも

何故かこれは多めに買った方が良い・・と激しく思いまして

「ひぃ〜〜生地って高いのね〜〜!」とビビリながらポチった覚えがあります。

予感は当たっていてこの柄はその後、すぐ完売となり 今では手に入らなくなりました。

 

 

発色の良さや大胆さ、国産にはないデザインのユニークさもあり

私はUSAコットンを好んで使うことが多いのですが これもそんな一つ

いえ、初めて買ったUSAコットンです。

 

 

鮮やかなスカイブルーにジューシーな色合い キュートでガーリーなチェリー柄です。

 

 

 

 

 

 

発色がすごく良いので猫ちゃんの首元を明るくしてくれる首輪です。

季節を問わず、人気がありますが 春に向かう明るいこれからにピッタリな首輪でもあります。

 

 

数あるフルーツ柄の中でこの可愛さは特筆もの!

 

お客さまの中には余りの気に入り具合に この首輪を何度もリピートされる方がいらっしゃいます。

以前のモノが古くなってくると買い換えるのだそうです。

 

 

首輪は沢山、色んな種類を揃える楽しみも大いにありますが

一つの柄を好んでリピート下さるのを見て 「マニアックだなぁ〜・・」と思いながらも

そこまで気に入って下さる首輪を作れたことを 首輪職人としては嬉しく光栄に思っています。

 

 

 

・・綺麗に話がまとまったトコロで今日の首輪の紹介を終わりますね。

 

 

 


着けて安全可愛い 飾っても可愛いを目指しています

        
             

JUGEMテーマ:ねこのいる暮らし

おはようございます! ここ数日で断然、春めいてきましたね!

冬は好きなのですがやはり春のポカポカした暖かさ 柔らかな日差しは気持ちが良いですよね。

 

 

ところで昨日の記事でもお知らせしたのですが 4月にショップ5周年を迎えるにあたって

改めて当店の原点はなに?と考えたのですが それはやはり首輪だろう・・と

思い至ったので 今更ではありますが、特徴やポイントを含めつつ

キスキスメイドな首輪をご紹介しようと考えました。

 

 

 

 

 

 

・・首輪だけで40近くありますので息切れしないよう 途中違う記事も織り交ぜながら

「首輪マラソン」を完走したいと思います。

 

 

過去何度か書いてまいりましたが、当店には定番と言われる 柄の首輪はあまりありません。

でも他所ではあまり見ない柄ならそこそこ。。

というか、自分が好きだなと思える色柄を 取り揃えてるうちに

今のようなラインナップになっていきました。

 

 

「他店にはないデザインで作りが丁寧。 そのうえ安全な首輪を扱って

愛する猫との毎日を楽しくおしゃれに暮らして欲しい」という コンセプトを基本としてきました。

このコンセプトに思い至ったのはお買い上げ頂いた皆さまから

「よそではあまり見かけない柄の首輪」 「こういう柄を探してました」という

メールを 頂くことが多かったからです。

 

自分が選ぶデザインを好きだと言ってくれる お客さまがいるのが素直に嬉しくて

その思いだけで売れる時も売れない時も(笑) ショップを辞めずに続けてこれたのだと思います。

 

 

多少好みが偏ってますのでターゲット層は狭いです はっきり言って極細です。

でもどこかにいらっしゃる同じテイスト好きな方々のハートを 狙い打ち出来たらいいな・・と

日々思いながら首輪を作っています。

 

安全面や猫ちゃんの首への負担なども考慮してますが

表生地と裏地の色合わせも考えて作ってますので 着けて可愛い

飾って可愛い首輪になっていると(私は)思っています。

 

 

なんだか長々と語ってしまいましたが 猫との暮らしを考える時

何故ショップを続けるのか考える時

やっぱり私は猫の首輪を作るのが好きだと 物凄く単純明快な答えにたどり着いたのです。

そんなキスキスの首輪を楽しんで着けて下さるお客さまが 一人でも(一匹でも)

増えて下されば首輪職人として こんな嬉しい事はないな・・と思うのです。

 

 

長文をココまで読んで下さってありがとうございました。

 

明日以降、キスキスメイドな首輪を一つずつ紹介してまいります。

 

「キスキスコーシュカ」 チバンビーナでした。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM